風俗の面接は平常心で

風俗アルバイトを始めるために絶対に避けて通ることができないのが、風俗店の担当者と面接を受けて採用されるということです。

 

ある調査によると風俗の面接を受けてめでたく採用されるのは、求人に応募してきた女の子たちの半数にしかならないということですから、風俗の面接はほかのお仕事とで面接を受ける時よりも「狭き門」だと言ってもよいでしょうね。

 

そんな厳しい風俗の面接ですが、実際に風俗アルバイトを始めてみようと思って面接を受けるときには、緊張しないでリラックスするということが大切なのは言うまでもないことです、基本的に風俗の面接も一般のお仕事の面接を受けるときも、面接自体の内容は同じですからそんなにガチガチになる必要はありません。

 

風俗の面接で採用されたいと思ったら、これからご紹介するポイントに次のことに注意して、自分の良い所を面接の担当者にアピールするようにしてみてください。

 

「聞かれたことにはきちんと大きな声で答えるように」
風俗の面接を担当するのはその風俗店の経営者(オーナー)や、お店を任されている店長クラスの従業員ですから、新しく採用する女の子がどれくらい男性客から指名してもらえるかということを採用の基準にしています。

 

面接で聞かれたことには普段よりもちょっとだけ大きな声でハキハキ答えるようにしましょう、何を聞かれても下を向いたままで小さな声で答えているようでは、あなたのヤル気を面接の担当者に伝えることはできません、もしも、緊張して大きな声を出すことなんかできないと感じたら、出かける前にお家で発声練習しておくのが効果的ですよ。

 

「風俗の面接でも準備はきちんとする」
風俗のアルバイトでも面接を受けるときには、自分で記入した履歴書や年齢を証明するために必要な書類が必要です、風俗の求人誌などには「履歴書がなくても大丈夫」と掲載されている場合がありますが、これは面接で採用されることが決まってから、あらためてそのお店が用意した用紙に記入することになります。

 

風俗のアルバイトは18歳以上でないと働くことができないので、運転免許証やパスポート等の写真付きの証明書がないと面接を受けさせてもらうことができないことがありますから注意してくださいね。

 

「万が一風俗の面接で不採用になってもクヨクヨしないこと」
風俗の求人はそのお店のスタイルや利用する男性客の傾向によって、どんな女の子を採用するかが違ってきます、風俗の面接を受けて不採用になってしまったからと言っても、たまたまその風俗店のニーズと自分の条件があっていなかっただけですから、いつまでもくよくよしていないで次の求人を探すことが大切です。

 

今度はきっとあなたの良い所を活かしてお仕事をすることができる、自分にピッタリの風俗店が見つかるはずですよ。

面接から体験入店

みなさんがこれから風俗の面接を受けるときに、面接の担当者から「体験入店してみない?」と聞かれることがあると思います。

 

この体験入店というのは面接で見込みがありそうだと思った女の子に、風俗のお仕事を実際にやってみて本当に入店するかどうかを判断してもらうということです、つまり一般の就職活動で言えば、企業から内定をもらって社員研修を受けるのが風俗の体験入店だと思ってください。

 

風俗店の担当者によっては、風俗の求人誌やネットの求人サイトを見て、自分のお店の求人に応募してきた女の子が面接の申し込みをするときに、はじめに体験入店をするかどうか確かめることがあります。

 

風俗の体験入店をするためには面接を受ける女の子だけじゃなく、風俗店の方でも準備をする必要があるからなんです、そのために、体験入店を希望する女の子の場合、面接を受ける時間をちょっと早めに指定されることになります。

 

これは、面接のあとでそのまま体験入店をする場合、お店の制服やコスチュームを選んでもらったり、お店で男性客が指名する女の子を選ぶときに参考にする、プロフィールアルバムに掲載するための写真を撮影したりするので、面接を受けるときに体験入店を希望する人は、お店がオープンする前の時間を指定されることになるんですね。

 

でも、風俗のお仕事をやった経験がない普通の女の子が、いきなり体験入店なんかして本当に大丈夫なの?と心配になってしまうかも知れませんけど、そこは風俗のお店でちゃんと体験入店をする前に、風俗嬢として男性客の接客をすることができるように指導してくれることになっていますから心配ありません。

 

風俗の体験入店と言っても料金を支払って遊びに来てくれた男性客の接客をするわけですから、体験入店だからといって適当なサービスをするわけには行きません、せっかく遊びに来てくれた男性客がガッカリしてしまうような接客では、本入店をすることができなくなってしまうこともあります。

 

初めて風俗の体験入店をする女の子が知っておかなければいけない基本的なマナーや、男性客に対する言葉遣いなどを教わったら、いよいよ実際にお店で男性客とプレイするときの練習をします、ただし、この研修では男性スタッフが女の子の体に直接手を触れたりするような指導は行いません、プレイの練習相手になってくれるのは同じお店で働いている先輩の風俗嬢の女の子です。

 

こうしてひと通り指導してもらったらお店に出て指名をつけてもらうことになります、この体験入店で指名をもらって働いた分のお給料はその日のうちに現金で支払ってもらうこともできますから、必要な人は面接を受けるときに担当者に相談しておいてください。

 

風俗の体験入店をするときは緊張してしまうかもしえませんけど、初めて接客する男性客にはお店のスタッフが「今日が初めてなのでよろしくお願いします」と紹介してくれているので安心です。

風俗の面接で必要なもの

風俗のアルバイトでガッツリ稼ぐためには、風俗専門の求人誌などで自分に合ったお店の求人を見つけたらできるだけ早く面接の申し込みをすることが大切です。

 

でも、初めて風俗の面接を受けるときにはどんなふうに面接を受ければ良いのか分からずにあわててしまうことになるかも知れませんね、そこで、風俗アルバイトの初級講座では面接の受ける時の心構えをご紹介しておきましたが、今回はそれと同時に、風俗の面接を受けるときに必要なものについてお話してみたいと思います。

 

「風俗の面接で必要になるもの」
※自分で記入した履歴書
風俗のアルバイトだからといって履歴書なんか必要ないと思っていると、せっかく面接を受けに出かけたのに履歴書を用意していなかったために、面接の順番を後回しにされてしまったり、最悪の場合面接自体を受けさせてもらうことができないことがあります、とくに大手の風俗チェーン店では面接を担当するときに履歴書がないと採用されることは難しいと思っておいてください。

 

ただし、風俗の求人情報誌などには面接を受けるときに、必ず履歴書を持参しなくても大丈夫だという風俗店もありますから、もしも何かの都合で履歴書を準備することが難しい時には、風俗の担当者に連絡して相談してみるのもよいでしょう。

 

※年齢が18歳以上だと証明するための書類
未成年の女の子が風俗のお店で働くことは法律で禁じられているので、もしも18歳以下の未成年の女の子であることを知っていて風俗嬢として働かせていることになると大変なことになってしまいます。

 

そのために、たとえどんなにヤル気がある女の子でも、自分が18歳以上であることを証明することができなければ風俗嬢として働くことはできません。

 

運転免許証やパスポート、住基カードなどの顔写真がついた証明書があれば問題ありませんが、どれも持っていない人の場合、健康保険証や卒業した学校の学生証でも代用することができる場合がありますから、心配なら風俗店の担当者に確認してもらいましょう。

 

「風俗の面接を受けるときに持っていると役に立つもの」
※普段使っているメイク道具
風俗の面接を受けた時に実際にお店で男性客の接客をしてみる「体験入店」をすすめられることがあります、この体験入店をするときには事前に男性客を接客するときのマナーや、そのお店で行われている風俗プレイを練習することになります。

 

その後でいよいよ体験入店として男性客の指名をつけてもらうことになるわけですが、自分が着る衣装やコスチュームはお店が用意してくれるからいいとして、体験入店の前に受ける研修で汗をかいたりしてメイクが崩れてしまった時、普段から使い慣れたメイク道具を持って行くと助かりますよ。

 

※着替えを入れるための折りたたみバックなど
これも風俗の体験入店をするときに役立つものですが、手軽に持ち歩ける折りたたみのバックを用意して、着替えた自分の洋服などをしまっておくと便利ですよ、まだ正式に入店していない女の子にロッカーの用意はないと思っていたほうが良いので、大切なものはしっかりしまって目につくところに置いておきましょう。

 

風俗の面接をリラックスして受けるためには、必要なものが揃っているか確認して約束の時間に遅れないように早めに出かけるようにしてください、あとは自分の良い所を相手に伝えることができるように、素直な気持ちで面接を受けましょう。